過去の記事を検索

TRANSLATE

ステレオタイプ





1,ステレオタイプとは




特定の集団成員がある社会的事象に関して過度に

単純化された固定的な概念やイメージを共有している場合、


これをステレオタイプ(stereotype) という。


ステレオタイプを当てはめることをとをステレオタイプ化(stereotyping) という。


ステレオタイプ化は複雑な環境を単純化することで状況に迅速に対応した

コントロール感覚を高めたりすることができるなど、


利点も他者に対する正確な判断が妨げられて偏見や差別にある一方で、

至るなど否定的側面も多い。


ステレオタイプは人の知覚の偏りや社会化の過程を通して

獲得されるだけでなく、集団に所属すること自体によっても生み出される。




社会的アイデンティティ理論によると、人は自己が所属する集団から

アイデンティティの多くの部分を得ており、

内集団とそれ以外の外集団を比較することによって

社会的アイデンティティを高揚しようとする。



その結果、外集団のメンバーを均一にとらえ否定的なステレオタイプを形成しやすくなる。







一方、内集団に対しては好意的な反応を示す傾向が認められ、 


内集団バイアス(in-group bias)あるいは


内集団びいき(in-group favoritism) と呼ばれる。




ステレオタイプは、

特定のカテゴリー(性、人種、職業など)に属する人々がとる

行動への期待(予期) を生み出すことから、

人々がその期待に添った行動をとることによって、

ステレオタイプが現実のものとなることがある。



これは、対人場面における

己成就的予言(self-fulfilling prophecy) と考えることができる。



また、否定的なステレオタイプの対象になった人は、

そのような見方で自分が見られる可能性がある状況に置かれると、

そのステレオタイプを実現させる行動をとってしまうことがある。



(たとえば、「女性は数学が苦手」と見られそうな状況で、

実際に女性の数学の成績が悪くなる)。

こうした現象はステレオタイプ脅威(stereotype threat) と呼ばれる。 








参考文献
心理学検定 基本キーワード

一般社団法人日本心理学諸学会連合



0 件のコメント:

コメントを投稿