過去の記事を検索

TRANSLATE

大学は孤独















みなさん、大学と聞けばどんなイメージを持っていますか?


勉強や研究、友だちや恋人との出会い、サークルや部活に参加する

などなど、



さまざまなイメージがあると思うんですけど先ほど例に挙げたような大学生活を送るには

相当な行動力がないと難しいと思います。


なぜなら日本の大学は受動的な人間には

何もほどこしてはくれません。



日本では、大学=自由というイメージが定着しています。実際その通りです。


(医学部や薬学部などハードなカリキュラムをもつ学部は別ですが)

しかし、社会学では自由とは孤独を意味するものです。


なぜなら、孤独にはルールが伴わないからです。


集団でいる時にはかならずルールが存在します






例えばサッカーを例に挙げましょう。

初めてサッカーの試合を見たとき、あなたは違和感を感じたことはありませんか?


みんな手を使わずに足だけでボールを奪い合っていることに。





普通なら手を使った方が断然ボールは操れるはずです。


しかし、彼らはボールを決して持たない。


なぜならそういうルールだから


そしてそのルールが無ければ、サッカーは成り立たないのです。



これはどの集団にも組織にも言えることです。


だからこそ人間は関係というものに悩み、苦しむのです。

(しかし,そのルールが孤独や寂しさを打ち消してくれんですどね。)





話が逸れました、

えっと、大学=自由=孤独なので,自分から動かないと誰も振り向いてはくれません。

いざ、大学生になって人生最大の夏休みを謳歌しようとして、

ボッチになる人も少なくないです。

勉強するために大学に行くんだから、

ボッチでもいいという人もいるかもしれません。


しかし大学の勉強というものはみなさんが

思っているよりも

ずっと面白くないかもしれません



高度経済成長以降、大学の数は増加して、

日本の高校生の全体の約50%は大学、

あるいは専門学校に進学するようになりました。


今や多少の資金と学力があれば入れるようになった大学。

本気で勉強したいと思って、大学に進学する人は少ないんじゃないでしょうか?



しかし本気で学びたいあるいは大学の講義は

つまらないけど勉強したいという人も少なからずいるはずです










そこで本サイトでは、人文科学、社会科学、自然科学、

また美術や音楽などの全ての各学問の内容をアップしていくつもりです。



・大学に行かなかったけど勉強をしたい人

・大学で十分に学べなかった人

・自分が専攻した学部以外にも学びたい人



など、さまざまな人に閲覧してもらうために作成しました。作成しました。


0 件のコメント:

コメントを投稿