過去の記事を検索

TRANSLATE

迷惑







1,「迷惑」とは



電車の車内を少し観察してみると,不適切だとされている

さまざまな行為がなされているのを観察することができる。



携帯電話で周囲に聞こえるような大きな声で話している人もいるし、

立っている人がいるにもかかわらず人や隣の座席に荷物を置いている人もいる。

大きな声で話に夢中になっている

グループもいるし、床に座り込んでいる人もいる。

また化粧を始める女性がいたり、

カップルがじっと見つめ合っていたりすることもある。



個人差もあり, 
自分は不適切だとは感じないというものもあるだろうが、

これらは一般に不適切であるとして取り上げられることの多い行為の例である。


電車の車内で不適切とされる行為のなかには、

痴漢やスリなどのように明確に法律にふれる犯罪もあるが、


大概は法律にふれるから


不適切とされているわけではない。







それらの行為が不適切であるとされる際の基準(規則)のうち、

法律として機能されているものはごくわずかである。


むしろそれらの規則の大半は 
マナーとかエチケットとか常識とか呼ばれているような、

違反したからといって犯罪になるわけではないが、


周囲から非難のまなざしを向けられるような性質のものである。


法律として機能されていないそれらの規則の内容は

しばしば「他人に迷惑ない」というふうに表現される。





車内のアナウンスもしきりと

「まわりお客様のご迷惑になりますので」と繰り返す。


不適切とされる行為が「迷惑行為」と呼ばれるのはそのためである。



たしかに電車で不適切とされているには、グループが大声で話していてうるさいとか、

ヘッドホンの音漏れがうるさいとか、

出入口をブロックしていて乗り降りのじゃまであるとか、


「迷惑」という言葉があてはまるものも実際多い。

だが「迷惑」という言葉では

うまく説明できないようなものがある。





たとえば車内で化粧をしている人やじっと見つめ合っているカップルは,

「迷惑」といえなくはないとしても、

どこが具体的に「迷惑」なのかを説明することは難しいように思える。


車内での化粧やカップルの親密な関係が不適切だと感じられることの背景には、


「迷惑」という言葉では表現しきれないもっと微細な規則が存在している。

そして, 
さらに注意深く車内を観察する必要がある。







0 件のコメント:

コメントを投稿