過去の記事を検索

TRANSLATE

弾力性






たとえば、もしあなたが会社で商品の値段を決める担当だったら、 

「この商品を何円値上げしたら、買ってくれるお客さんはいかほど減ってしまうのか?」

という判断は、まさに死活問題ですよね。



こうしたことを判断するのに重要なのが、需要曲線、供給曲線の傾きです。


経済学ではこれらの曲線が急であるのか、

あるいは緩やかであるのか判断するために、


弾力性という概念を用います






1、需要の弾力性


需要の弾力性とは、価格が1 %上昇したときに

需要量何%減少するかを示したものです。


つまり需要の価格弾カ性=需要の減少幅/価格の上昇幅(%)となります。


たとえば、
価格が10から50に40増加したとき、需要量が5から4に1だけ縮小するとしたら、

価格の上昇幅は400% (40/10=4)で、需要の減少幅は20% (1/5=0.2%)




したがって価格弾力性は20/400=0.05となります。


弾力性が1よりも大きな曲線は、

価格が変化したときに需要量がそれ以上に変化するので、

弾力的な需要曲線と呼ばれます。

この場合、需要曲線の傾きは緩やかになります。



逆に、弾力性が1よりも小さいは曲線は価格が変化したときに需要量

それほど変化しないので、非弾力的需要曲線と呼ばれます

この場合、需要曲線の傾きは急になります。



弾力的な財、非弾力的な財に対して需要が弾力的な財は、贅沢品に多くあります。

たとえば、宝石は日常の生活で特に必要なものではないですから、

が高ければ無理して買おうとまでは思わない人が多いでしょう。

しかしが安くなれば買いたいと思う家計が増えます。


価格が低下すれば需要は大きく増加し、

逆に、価格が上昇すれば、需要は大きく減少する。


価格に対して需要は弾力的です。



趣味などの嗜好品で、しかも他に似たような代替品が

多くあり得るようなもの、たとえばゴルフ品、テニス用品などの

スポーツ用品も価格の弾力性が高くなります。


代替的、競争的な財が他にたくさんあると、ある財の価格が少しでも上がると、 

需要は他の財に逃げていきやすくなります。


逆にその財の価格が下がれば、その財に対する需要は大きく増加します。

価格弾力性がかなり高いことになります


一方、非弾力的な財の代表は、生活必需品。

かつ、他に似たような財がないために、あまり代替の利かないものです。


たとえば、塩です。

料理に塩は必要不可欠ですから、値段が高くなっても買わないわけにはいきません。

また、塩のかわりに砂糖を使うというわけにもいかないので、代替が利きません。

逆に、たとえ塩が安くなったとしても、塩だけを大量に買うメリットはあまりないでしょう。

ですから、

塩の価格が変動しても、料理に使われる塩の消費量はほとんど変化しません。


つまり、塩の価格弾力性はなり小さいということになります。



また、特殊な用途に限定されている財も価格弾力性が低くなります。 

たとえば、専門性の高い学術書は、

その分野の専門の研究者や図書館くらいしか需要がありません。

価格が安くなっても、一般の読者がそうした本を購入する誘因は
ほとんどありません。

逆に、価格が高くても、

専門の研究者や図書館にとっては必要と判断すれば買わざるをえません。

このように、代替性の利かない財は弾力性がかなり小さくなります。




2、供給の弾力性



需要の弾力性と同様に、供給の弾力性という考え方もあります。


供給の弾力性は、価格が1 %上昇するときに

供給量が何%増加するか定義することができます。 



供給の弾力性=供給の増加の幅/価格の上昇の幅(%)となります。

たとえば、価格が100円から200円に

100円だけ上昇したときに、供給も1から2に1だけ増加するとすれば、


価格の上昇幅(比率)は、(200-100)/100==1で、

供給の増加幅(比率)は( 2-1 ) 1=1。

の弾力性は1/1、つまり1となります。






供給の弾力性が大きいほど、

価格が上昇したときに供給量大きく増加するので、

供給曲線の傾きは緩やかになります。

逆に、供給の弾力性が小さい場合には、

価格が上昇してもあまり供給は増大せず、供給曲線の傾きは小さくなります。


一般的に、短期的な需要あるいは供給の変化は、価格の変化に比べて小さくなります。

コーヒーの値段が上がっても、

コーヒー愛好家が急に紅茶に乗り換えるのは難しいかもしれません。


企業のほうも、価格が上昇したからといって、すぐに供給を拡大させるには

生産能力的にも限界があるでしょう。  

しかし、長期的には価格の変化に対して

消費者が似たような代替財を見つけることは簡単ですし、


企業のほうも生産能力を拡大させることがより可能になります。

したがって、短期的には非弾力的な需要あるいは供給も、

長期的にはより弾力的になります。

その結果、短期よりも長期で考えるほうが、

要曲線供給曲線もその傾きはより緩やかになります。 

需要供給の弾力性を議論するときには、

短期か長期かの区別が重要なのです。





参考文献
大学四年間の経済学が10時間でざっと学べる

井堀利宏















0 件のコメント:

コメントを投稿