スキップしてメイン コンテンツに移動

アノミー










バイト週5日入り、疲労困憊のKURAMARUです。


今回は社会学で生まれた言葉アノミーについて触れていきたいと思います。




1,アノミーとは






ざっくり言うと、

社会のルールがなくなって、社会が乱れて統制がとれなくなった状態

ある社会の解体期*に発生する。社会学者デュルケムが編み出した語句。

解体期*....崩壊寸前の社会。



②高度に技術化・都市化した社会で、人との関わりが減って

(親密度が減る)起こる疎外感。孤独感。

これだけでは分かりづらいのでここからは専門的に説明します。


社会的規範の動揺、弛緩(しかん)、崩壊などによって生じる混沌(こんとん)状態、

あるいは成員の欲求や行為の無規制状態。


語源的には、「無法律状態」などを意味する

ギリシア語のνομοに由来するといわれる。



中世には廃語になっていたが、フランスの哲学者ギュイヨーによって用いられ、

さらに社会学者デュルケムによって社会学上の用語として再生された。

彼は、『社会分業論』(1893)では分業の異常を、『自殺論』(1897)では

近代社会に特有の自殺の型をそれぞれ記述するのにこの概念を用いている。



以後、20世紀の社会学者や社会心理学者の注目するところとなり、社会解体、

価値の不統合、疎外などさまざまな現象を分析し、

記述する際にしばしば依拠される概念となっている。



 デュルケムによれば、社会的分業が正常に進めば、

社会の諸機能の相互依存関係が強まり、

有機的な連帯が形成されると考えられているが、


現実の近代西欧社会では、無規制的な産業化のために諸機能の

相互依存よりも不統合が、

有機的連帯よりも弱肉強食の対立・抗争が、むしろ支配的になっている。

『社会分業論』では、このような状態がアノミーとして記述されている。


他方またアノミーは、個々の人間の行為や意識のレベルに現象してくる病理でもある。


デュルケムは『自殺論』においては、急速な産業化による

価値規範体系の攪乱(かくらん)が個々人の欲求の無規制を引き起こすという


現象に目を向け、これを自殺の発生の社会的条件の一つとして重視した。

この型の自殺はアノミー的自殺と名づけられている。




 このアノミーの概念20世紀社会における資本主義の矛盾の顕在化、

ファシズム化大衆社会化などの経験が積み重ねられるなかで、

その重要性が再認識され、意味も拡大されるようになった。




S・デ・グレージアは、一つの社会において信念体系の陥っている

危機状況のタイプに応じて、2種のアノミーを区別している。

すなわち、複数の信念体系が

単に対立・葛藤(かっとう)の状態にある場合を単純アノミsimple anomie


支配的な信念体系が一挙に崩壊することによって生じる

指導原理の全般的な喪失を尖鋭アノミーacute anomieと名づけ、


それぞれの政治社会学的な意味合いに注目した。




 またアメリカのRK・マートンは、一つの社会における文化的目標と
制度的手段の不統合によって生じる行動規範の衰耗(すいこう)をアノミーと規定し、


そのような場合、成員の間に逸脱行動が生じやすいとした。



たとえば、現代アメリカ社会では、文化的目標として「金銭的成功」という


価値が称揚される反面、制度的手段の遵守が同じようには強調されず、


その結果しばしば逸脱行動が生じており、

とくに下層中産階級にはこの逸脱行動を促す圧力が働いているとされる。

マートンのこの考察は、現代社会の文化・制度状況とかかわらせて

逸脱行動の類型論を導いているという点で、

アノミー論に新たな視野を切り開いている。



そのほかマッキーバー、リースマン、スロール、デュビニヨーら、

アノミー概念の独自の展開を試みている社会学者は少なくない。



 なお近年では、急速な産業化のなかに置かれている開発途上社会における


価値の葛藤などを分析、記述する概念としても、

アノミー概念の有効性が認められている。



[宮島 喬]
E・デュルケーム著、宮島喬訳『自殺論』
(『世界の名著 471968・中央公論社・所収) 

RK・マートン著、森東吾他訳
『社会理論と社会構造』(1961・みすず書房) ▽S・デ・グレージア著、佐藤智雄・池田昭訳『疎外と連帯』(1966・勁草書房)』





コメント

このブログの人気の投稿

重いものと軽いものを地面に落としたら?

重いものと軽いものを地面に落としたら どっちが早く落ちるのか? 結論からいうと、どちらも変わらない。 (*しかし、空気がある世界では、より軽く、よりやわらかく、 表面積が大きいものが 遅く落下する。 ペラペラの紙切れがゆっくり落ちていくのが最たる例である。) 物理学の世界では、 物体を自然と落とすことを 自由落下 という。 では、なぜ重いものと軽いものが 同時に落ちるのか、思考実験といわれる 頭の中で実験をして確かめてみよう。 空気抵抗が無いもの、つまり 真空中 と 仮定して話を進めてみる。 【真空中…空気が全くない状態。】 1gのものと、1gのものを同時に落としたら、 同じ速度で落下することは納得できると思う。 では、1gのものと2gのものは? と考えてみよう。 2gのものは1gのものを1+1=2個くっつけただけであり、 それ以上のものではない。 くっついたというだけのことで落下速度が速くなるのであれば、 分割すれば遅くなる ということが推論できる。 じゃぁドンドンと分割していくと、 そのうち落下しないで 空中に止まったままになるのか? とまぁこんな感じの思考実験をすることで ある程度納得できるのではないかと思いますが、どうだろうか ? では、実際に理論的に説明していこう。 重い物に働く重力の方が軽い物に働く重力より大きい。 重力 (mg) =質量 (m) ×比例係数 (g) … ① この公式は中学物理で出てくるものである。 比例定数は重力加速度=gと呼ばれ、 厳密には  g= 9.80665[m/s² ]  と定義されている。 同じ力を加えても 重い物 の方 が 軽い物 より 動かしにくい 。 加速度 ( a :   m /s 2 ) =加える力 ( F: N) /質量 ( m: kg)    … ②  ②…これを運動方程式という 【*物理学で力は記号でFを表す。単位はN。】 これも経験があるのではないだろうか。 次のような経験がないだろうか? ・同じ重さなら加える力が大きいほど良く加速する。 ・同じ力なら軽い物ほど良く加速する。 物体に加える力が重力だけの場合は、 ①を②に代入して、 加速度=加

儀礼的無関心

1,電車での出来事 電車の中では、 ふつうであれば夫婦や親子など 親密な関係にある人間しか 入ることを許されない密接距離や、 友人同士で用いられる個体距離のなかに 見知らぬ他人 が入りこんでくるということから、 別の規則が派生してくる。 私たちはたまたま電車で隣り合って座った人と 挨拶を交わたりしないし, ふつうは話しかけることもない。   私たちはあたかも 自分の 密接距離 や 個体距離 のなかに 人がいることに   気がつかないかのように、 それぞれ新聞や雑誌を読んだり、 ヘッドホンをつけ 音楽を聴いたり、携帯電話をチェックしたり、 ゲームをしたり,あるいは 目をつむって考えごとをしたりしている。 それはあたかも 物理的に失われた距離を心理的距離によって 埋め合わせているかのようである。 アメリカの社会学者 E. ゴフマン( 1922 ~ 82 )は, 公共空間のなかで人びとが示す このような態度を 儀礼的無関心 と呼んだ。 2、具体的に儀礼的無関心とは どのような状態で 行われるのか? 「そこで行なわれることは、 相手をちらっと見ることは見るが、 その時の表情は相手の存在を認識したことを 表わす程度にとどめるのが普通である。 そして、次の瞬間すぐに視線をそらし、 相手に対して特別の好奇心や 特別の意図がないことを示す。」 電車のなかで他の乗客にあからさまな 好奇心を向けることが 不適切とされるのはそのためである。 たとえば, 電車のなかで他の乗客をじろじろ眺めたり, 隣の人が読んでいる本を のぞきこんだりすることは不適切と感じられる。 例外は子どもである。 子どもは他の乗客を指差して 「あのおじさん変なマスクをしてる」 と言っても大目にみられるし, 逆に子どもに対してはじっと見つめることも, 話しかけることも許され

地中海式農業

1,地中海式農業 地中海性気候 、すなわち冬季は温暖・湿潤、 夏季は高温・乾燥の気候地域にみられる農業様式。 商品作物としての耐乾性樹木作物と自給作物としての 小麦栽培 に、 ヒツジ、ヤギの飼養を取り入れた 有畜農業 である。 とくに耐乾性作物であるオリーブ、イチジク、ブドウ、柑橘 類、 コルクガシなどの栽培は有名で、なかでもオリーブは標式的な樹木といわれている。 伝統的な 地中海式農業 は、 小麦 ・ オリーブ ・ ブドウ の三大作物の栽培とヒツジの移牧を特徴とする。 しかし、 灌漑 農業 の普及や農業改善事業の進展などで、 オレンジ、レモン、野菜・花卉 類などのより商品性の高い作物の栽培が 盛んになる一方、 移牧 は衰退しつつある。 地中海式農業が典型的に発達する地中海沿岸地方では、 山地斜面まで石材などを利用した 階段状耕地 が造成され、 独特な景観をなしている(イタリアのアマルフィやチンクエ・テッレなど)。 イタリア半島 南部やイベリア半島では大土地所有制度が残存し、 多くの零細農からなる農村では、 伝統的な農法による生産性の低い農業が営まれている。 地中海式農業地域としては、 このほか近代的な灌漑施設を整えたアメリカのカリフォルニア地方をはじめ、 チリ中部、アフリカ南西部、オーストラリア南部などがある。 [新井鎮久・井村博宣] リンク リンク