過去の記事を検索

TRANSLATE

ジキルとハイド






1、ジキルとハイドとは



イギリスの作家、


RL・スティーブンソンの中編小説。



1886年作。高名でジキル博士は、飲むと一片の道徳心も持たない

凶悪な人間(ハイド氏)に変身する薬を発明した。




そもそも善悪二つの性質が1人の人間に共存することが

不幸のもとと考える博士は、その片方だけを取り出し、これに肉体を与えたのである。

彼は、ハイド氏になっている間は、道徳意識からの完全な解放を味わう。




だが回を重ねるうちに、薬を使わないでもハイド氏のほうの姿を

常とするようになり、悲惨な最期を遂げる。


グロテスクな物語のため、当時の社会に衝撃を与え、

あらゆる階層から糾弾を浴びたが、人間の二重性の問題をついた点で、

きわめてユニークな作品といえる。




[高見幸郎]


『岩田良吉訳『ジーキル博士とハイド氏』



(岩波文庫)』







0 件のコメント:

コメントを投稿