過去の記事を検索

TRANSLATE

エーテル



どうも、KURAMARUです。

昔の人は妄想家が多く、そのおかげもあって、宗教や文学といった

精神世界が私たちの今日を支えています。


物理、科学といった世界にも妄想家がいました。


それはアリストテレスです。




1、エーテルとは





古代ギリシア時代から 20 世紀初頭までの間に想定されていた全世界を満たす1種の物質。

古代ギリシアの哲学者アリストテレス地水火風に加えてエーテルを第5の元素とし,

天体の構成要素とした。



近代では全宇宙を満たす希薄な物質とされ,

ニュートン力学ではエーテルに対し静止する絶対空間の存在が前提とされた。

また光や電磁波媒質とも考えられた。



19世紀末,マイケルソン=モーリーの実験エーテルに対する地球の運動は見出されなかった。

この結果からローレンツ収縮の仮説を経て,

ついに 1905年ドイツ出身の物理学者アルベルト・アインシュタイン特殊相対性理論を提唱し,

エーテルの存在は否定された。







0 件のコメント:

コメントを投稿