過去の記事を検索

TRANSLATE



物理学では目に見えない力というものを解明していくものです。


は、目に見えないまさに代表的なものです。


をイメージをしやすいように例を挙げましょう。




Aくんが友人のめっちゃモテるBくんのことが


嫌いになって、八つ当たりに相撲をして


突き出しをしたとします。Bくんは場外に出ました。




みなさん、どこにが隠れているか分かりましたか?


a, AくんのBくんに対する嫉妬


残念ながら、違います。




この時、Bくんを場外に移動させたものこそ、


物理学でいうなのです。





1、力とは



物体状態変化させる原因となる作用であり

その作用の大きさを表す物理量である


:速度[m/s] :質量[kg]


*ミクロな世界(量子力学)では、物質粒子は位置運動量同時に定まるような状態をとることはない。


したがって、ミクロ世界では、ある位置における粒子の運動量の変化を考えることはできない。

この意味でのとはマクロ世界の物理量である。

粒子と粒子との間の相互作用はさまざまな仕組みを通って現れる。





たとえば、

原子間には量子的効果に基づく原子間相互作用があり、

原子核を構成する中性子、陽子などの核子の間には中間子を媒介する相互作用が現れる。


これらの相互作用をそれぞれ「交換力」「核力」とよぶことがあるが、

この場合の力の意味はあいまいであり、相互作用というほうが近い。



 力はもともと仕事の際の筋力感に発した用語であって、

運動の法則が定式化される以前にはさまざまな意味に用いられた。

現在でもエネルギーという意味で用いることもある。

「原子力」はその一例である。



[田中 一]




2、力の単位




  F=m×a


【F:力 m:kg a:加速度】

MKS単位ではニュートン(N)、CGS単位ではダイン(dyne)を用いる。




これは、それぞれ1キログラム(または1グラム)の質量の物体に加えたとき

1m/sec2(または1cm/sec2)の加速度を与える力であって、

1ニュートンは1ダインの10万倍である。

1キログラムの物体に作用する重力を1キログラム重という。

これはおよそ9.8ニュートンである。

[田中 一]












0 件のコメント:

コメントを投稿