過去の記事を検索

TRANSLATE

大名行列





どうも、最近前向きに考えるようになったKURAMARUです。

今回は江戸時代で
行われたある有名な政策について触れたいと思います。


江戸時代とは
徳川家康が江戸に幕府を開いた時代ですね。

この時代は質素倹約精神すごかったらしく、

体重が男性でも平均40〜50kgだったとか。
話が逸れましたね。

そんな時代の中、


三代目の徳川家が作ったある政策について

触れていきます。









1,大名行列とは


簡単に言うと参勤交代によって大名(偉い人)が江戸と



その人が所有する国とを行ったり来たりするさいの行列


ここで重要なのは、
参勤交代というフレーズです





①参勤交代のはじまり


参勤交代は、諸大名が徳川氏に対する臣従の証拠として、


江戸城に人質を提出したことに始まる。



徳川氏の覇権確立後、諸大名の証人提出が多くなり、





また江戸に大名屋敷を設けるものが多くなったが、


なお諸大名の自発的意志によるもので


制度として実施されたわけではない。


1615年(元和1)制定の
武家諸法度」も、



参勤作法に関し、従者の員数を定めるにとどまった。



しかるに、3代将軍徳川家光は、

34年(寛永11)譜代大名の妻子を江戸に移し(つまり人質である)、


ついで翌35年には「武家諸法度」を改訂し、参勤交代を制度化した。


ここに参勤交代は諸大名の役儀・奉公として義務づけられ、


毎年4月が交代期と定められた。



こうして、諸大名は在府・在国1年交代となり、




大名行列が一般化し、江戸時代の重要な行事の一つとなった。


[藤野 保]





②行列の規模と特権 


大名行列の規模は、元和(げんな)法度で

100万石以下20万石以上の大名は20騎以下、



10万石以下の大名は分に応ずるよう定められたが、
実際にははるかに大規模であった。


幕府も寛永(かんえい)法度においてこの実状を認め、


従者の員数は分相応とし、極力少なくする方針をとったが、


諸大名は互いに競い合い、威勢を張り、見栄(みえ)を飾る傾向が強かった。






たとえば、


加賀前田氏の4000人を筆頭に、
多い場合は2000~3000人


少なくとも100人を下らなかった。



行列の順序は、大名によって異なるが、 




髭奴(ひげやっこ)に次いで
金紋先箱(きんもんさきばこ)、槍持(やりもち)

徒歩(かち)などの先駆がこれに続き、
大名の駕籠廻(かごまわ)りは馬廻、近習(きんじゅ)


刀番、六尺などで固め、
そのあとを草履取(ぞうりとり)


傘持(かさもち)
茶坊主、茶弁当、牽馬(ひきうま)、騎士、


槍持、合羽(かっぱ)駕籠などの後従が続いた。






行列の通行には大きい特権が与えられ、行列の先払いが通行人に


土下座(どげざ)を命じ、
河川の渡し場では一般の旅人を川留(かわどめ)にした。


供先を横切るなど無礼な行為があった場合は
切捨御免(切る)の特権があった。



大名行列の道筋は幕府によって定められたが、



東海道を利用する大名がもっとも多く、全体の6割を占めた。


東国筋(すじ)の大名は主として陸路をとったが、


西国筋の大名のうち四国、
九州の大名は、瀬戸内海を船で横断し、

大坂より陸路をとる大名が多かった。


大名行列が華美になると、
遠国の大名ほど経済的負担が大きくなり、

大名財政の窮乏をきたす主因となった。


[藤野 保]










0 件のコメント:

コメントを投稿