過去の記事を検索

TRANSLATE

カリスマ的支配






どうも、最近ブログネタが行き詰まりなKURAMARUです。

今回はマックス・ウェ―バーが考えだした概念、


カリスマ的支配について触れていきたいと思います。


その前にマックス・ウェーバーとは何者なのか簡単に説明したいと思います。






1、マックス・ウェーバーとは






 WIKIPEDIAより引用


マックス・ウェーバー[英:Max Weber]は

1864~1920年に生きたドイツの社会学者です。

この時代で有名な出来事といえば、第1次世界大戦ですね。



彼は子どもの頃から優秀でものすごい読書家でもありました。

10代で哲学書や専門書を読みあさり、


挙句の果てには、本は作者の主観が混じっているとの理由で

資料や文献を集め、それをもとに歴史論文を書いたほどです。





政治学・経済学・歴史学など

社会科学全般にわたる業績を残しています。

さまざまな本を出版していますが、最も知られている主著は


『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』

(1920)であります。



この書は、ヨーロッパやアメリカの資本主義の成立・発展を

プロテスタンティズム(その中の特にカルヴィニズム)との

関連を明らかにしたもので、大きな議論と影響を与えました。


また、官僚制の分析的研究や、

「カリスマ」的な支配権力の概念の提唱などでも知られ、


 その学問の特色は、科学的な認識において

実践的な価値判断を排除し、理念型的な概念(こうあるべきだと)を

組み立てることにあります。



当時のドイツで支持を得ていたマルクス主義*とは一線を引き、

ナショナリスト・自由主義者として行動しましたが、

ドイツ帝国には批判的な傾向にありました。




マルクス主義*.....


資本主義の発展法則を解明して、
生産力生産関係の矛盾から

社会主義へ移行するのは必然的な結果であるとし、


その社会変革は資本を持たない
労働者階級によって実現されると説く。


他に、『職業としての学問』『職業としての政治』

『経済と社会』や一連の宗教社会学など多数の著作があります。





2、カリスマとは


カリスマのもとの意味は、

神の恩寵もしくは神からのたまものを意味するが,


マックス・ウェーバーによれば,


日常的なものをこえた非凡な資質に対する


畏敬の念に基礎をおく支配関係をいう。


ウェーバーはこれを合法的支配および伝統的支配と並ぶ


主要な支配類型とした。













3、カリスマ的支配とは






この支配形態は非日常性を特質とするがゆえに,

既成秩序を打破しようとする革命的状況に適合するが,


それが永続化するに伴い,


他の支配類型に近接していく傾向がある。


これを「カリスマの日常化」という。


マックス・ウェーバー、世良晃志郎訳『支配の社会学』(I)(II)、創文社、1960年。












0 件のコメント:

コメントを投稿