過去の記事を検索

TRANSLATE

グラスマンの法則








グリムの法則に合致しないインド・ヨーロッパ語における

帯気音の対応例を説明した音声法則。


グリムの法則によれば、印欧基語の帯気音[bh, dh, gh]は

ゲルマン基語ではそれぞれ無帯気音の[b, d, g]に変化したことになっている。


しかし、サンスクリット語の bdhmi「私は目覚める」とギリシア語の peuthomai「私は覚える」を、

ゲルマン系の古代英語の bodan「命じる」と比較してみると、

サンスクリット語の語中の帯気音dhがギリシア語でthとなり、古代英語ではdに変化している。

この限りでは、グリムの法則にかなっている。


しかし、サンスクリット語の語頭のb音が古代英語のb音に対応している。

これはグリムの法則に反する。そこで、この法則の真価が疑われた。

ときにドイツの言語学者グラスマンは、帯気音が隣接した音節において

二つ連続した場合は、どちらか一方が無帯気音に変わることを発見した。



すなわち、印欧基語におけるbheudhomaiが

ギリシア語では両方の有声帯気音が無声化してpheuthomaiとなり、

さらに語頭音が無帯気音となってpeuthomaiが派生したと説明した。

このグラスマンの法則によりグリムの法則が再確認され、音韻法則に例外なしといわれるまでになった。

[小泉 保]





0 件のコメント:

コメントを投稿