過去の記事を検索

TRANSLATE

軸受






1,軸受とは






ベアリングともいう。

機械の軸類を支持し,軸の回軸運動や往復運動を

簡単にさせてくれる機械要素 (部品) をいう。



用途は広く,電気機械,産業機械,車両など

各種の機械に使われ,

その形状も軸径10mをこえる超大型から軸受外径や

1mm内外のミニアチュア軸受までまざまなものがつくられている。



基本的な種類として,軸と軸受部の相対運動から,

滑り接触をするすべり軸受と,

転動体 (玉やころ) を介して転がり接触をする

ころがり軸受とに大別される。



また,作用する荷重の方向によって,軸直径方向の荷重を支える

ジャーナル軸受ラジアル軸受と,軸方向の荷重を支える

スラスト軸受とに分けられる。





2,軸受を使う目的





軸受を用いる目的の一つとして,運動部の摩擦低減があげられる。


摩擦がおきれば、

その熱によってパーツがすり減ることがある。










摩擦の形式を考えると,


(a)に示すようなすべり摩擦と


(b)に示すような転がり摩擦がある。




荷重を支える面にすべり摩擦を利用するのがすべり軸受であり,


転がり摩擦を利用するのが転がり軸受である。




転がり軸受の摩擦はすべり軸受の摩擦よりもはるかに小さい。




しかし,すべり軸受荷重を支える面積が大きいので


一般に大きい荷重を支えることできる。






0 件のコメント:

コメントを投稿