過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第1章その4






なぜ僕がここまで、彼女の座席を意識するのかというと、

僕の席は窓際の最後列なので、

授業中に話す相手が右隣の座席の人しかいなかったからだ。



いやもっと詳しくいうと、

入学式の日は僕も平木もこの席じゃなかった。


ふつう学生はクラスが決まれば、

名前があいうえお順に並べられる。



これは小中高全ての学校に当てはまることだと思う。

僕の苗字は羽塚。は、だ。


窓側の左から順なので、

廊下側から2目の前から3番目の位置にいた。


そして僕の後ろが平木だった。


しかし今回13組の担任になった

秋山先生はなぜか名前順の並び方がワンパターンで嫌いらしく、


入学式の次の日から席替えをしたのだ。


それでこの席になったのだ。

最初は嬉しかった。



なぜって?



最後列は教師やクラスメイトの目線が集中しないから、

のんびりと授業に臨める。


それに、窓側なら外の景色を見ながら勉強出来る。


続き←ここをクリック

0 件のコメント:

コメントを投稿