過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第1章その6





しかし二週目に突入した頃には、

その虚像への心配も徐々に薄れ、

自分の置かれている現状の危うさに直面していた。


ボッチなのだ。もう一度言おう。

僕はボッチなのだ。


まずい

これは一人が寂しいとかじゃない(いや、寂しいのもある)、

学校生活を送る上で必要な情報がいろいろ不便になる。




 僕はボッチを回避するため、勇気を振り絞って、

ぱっと見て自分に似たタイプに話しかけ始めた。


なぜか人間は教わらなくても自分と

同じタイプの人間を見極めることが出来る。


今では、学校で会えば、

世間話を話し合えるほどの関係の男友達は何人か出来た。

しかし、出遅れた感は否めない。

そりゃそうだ。


僕がそいつらに話しかけるようになったのは

入学式を終えて二週間もたった後のことなのだから。

そのせいか自分から話しかけないと、男友達は寄ってこない。

向こうからこちらにくることは、あまりない。


まぁ、最初はこんなもんか。


とりあえず、話しかける奴が出来ただけでも良しとしよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿