過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第1章その7





問題は自分の座席に戻った時だ。

例えば授業中でも、うちの先生の英語の授業なんかでは

隣の席の人とペアになって英文の訳しあうというものだ。

もうお分かりだと思うが、

とうぜん僕にペアになるべき人なんて存在しない。

最初は英語担当の矢崎先生も僕に気をつかって、

先生とペアを組むか提案されたが、

それは恥ずかしかったのでやんわりと断った。


それ以降、僕は一人で英文を訳すはめになってしまった。


そんなこんなで、僕の高校生活のスタートラインを狂わした

(もちろん僕の責任でもあるのだが)

張本人が僕の横で授業を受けている。


長く長く伸ばした真黒の髪、白い肌。

目鼻はくっきりして、口は小さく、唇は赤に近い桃だ。

縁のない丸眼鏡越しに映る瞳ははかなくも美しく見えた。

正直に言って、彼女は綺麗だ。

ただ可愛いのか問われるとそれは少し違う気がした。


まるで、芸術のような、

僕とは少し違う世界に生まれた人だと思った。

背筋は伸びきって、上半身と腰は垂直、手は膝に置き、

足は体に平行にして、黒板をじっと見ている。

理想の授業態度だ。

かくゆう僕は机に肘をつき、背もたれに寄りかかっている。

続き←ここをクリック

0 件のコメント:

コメントを投稿