過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第1章その8








しかし、そこまで理想の学生である彼女は筆記用具を持たず、

おそらく初めて使うであろう机の右端に線に沿って置かれた

教科書を開くようすもないし、ノートも用意していない。


一体何を考えているんだ?



僕は本来みるべきはずの黒板ではなく、

右隣の席ばかり見ていると、ベル音が聞こえ始めた。


チャイムだ。もう終わりか。

しかし何だがいつもより長く、疲れた1限だった気がする。



「え~、今日はここまで。次回は斜面を滑る

物体の運動方程式について教えるから、

今日の復習と次の予習は必ずするように」



物理のベテラン教師である山形先生は、

まだ話したがっていたが、この人はチャイムで終了しないと、


次の授業まで引き延ばす教師らしい。

そのクレームの代償として、

チャイムが鳴った瞬間に授業を終わらすと

自分ルールを決めているらしい。

几帳面というのも、生きづらいものだ。



.............あっ!!


僕は机にある筆記用具を片付けていると、

ある重要なことに気づいた。











ノートを取るのを忘れたのだ

続き←ここをクリック



0 件のコメント:

コメントを投稿