過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第1章その9



まるまる一時間ノートを取っていなかった。


右隣にいるべきはずの彼女が現れてから、

この一時間、僕にとって黒板の文字、

数式はただの文字でしかなく、

僕の脳は右隣の席を譲らなかったのだ。


まぁ、いいか。物理の授業は教科書通りに進んでいるから、

後で読めばいいだろう。

次の時間は何だっけなぁ...現代文か。

僕は物理の教科書とノートを掛けてある手持ち鞄にしまい、


分の鞄をまさぐりだした。

いや、自分の鞄にまさぐるという言い方は問題があるかもなぁ。







...何か感じる。何か見られている感覚。

勘違いかいや、違う。よく分からないけど、

じわじわ悪寒が走って来た。

僕は、ふだん連んでいる男友達の方を見た。

しかし、あいつらは月曜の1限ということもあってか、

持参した枕を机を置いて寝ている。バカだな、あいつら。

まだだ。まだ感じる。

前には、僕を見ているものはいない。

授業を終えた教室全体を見渡してみる。

しかし、みんな談笑しているか、寝ているかどちらかだ。

僕を見ている人は誰もいない。最後に右隣だ。

まただ。僕は右隣に恨まれているのか?


おそるおそる僕は右隣を見た。


もう、分かるだろう。正解だ。

続き←ここをクリック

0 件のコメント:

コメントを投稿