過去の記事を検索

TRANSLATE

フーコーの振り子


























1,フーコーの振り子とは




フランスの実験物理学者レオン・フーコーが

1851年に考案した振り子で、

地球の自転が単振り子の振動面に与える影響力を調べる装置である。

鉛直面内で単振動をする振り子では、

振動面に垂直な方向には力が働かないので、

振動面が時間とともに変化することはない。

これは慣性の法則によって当然であるが、

実際は地球上で単振り子を長時間にわたって

運動を持続させながら観測すると、この振動面が変わっていくことがわかる。


フーコーは67メートルの紐(ひも)の先端に

28キログラムのおもりをつけ、これを約半日にわたって観測した。

すると、この単振り子の振動面は、

実験室で上から見て時計の針が回る向きに回転していった。

これは北半球での実験だからであり、

北極の上で実験すれば、この振動面は1日で完全に1周することになる。

振動面は慣性の法則によって、つねに一定に保たれているが、

地球自身が運動しているから、実験室も地球に固定されて運動するので、

見かけ上、振動面が回転していくようにみえるわけである。

[大槻義彦]





0 件のコメント:

コメントを投稿