スキップしてメイン コンテンツに移動

スピン











1、スピンとは




素粒子またはその複合粒子のもつ固有の角運動量で量子論的な自由度である。

古典物理的な描像では粒子の自転による角運動量と考えられる



運動する粒子の全角運動量は、軌道角運動量とこのスピン角運動量のベクトル和で表される。


 原子スペクトルの多重項構造、


すなわち原子のエネルギー準位微細構造の特徴を理解するために、

パウリは、原子の軌道を運動する電子に新しく二価性をもつ自由度を付加した。


クローニッヒRalph Kronig(1904―1995)、

ハウトスミット、ウーレンベックは、パウリの前記の考えを粒子の自転と解釈し、

自転に基づく角運動量の大きさが、(ディラック定数。プランク定数h を2πで割ったもので、

エイチ・バーと読む)を単位にして1/2の値をとると考えた(第3軸成分は±1/2の値をとる)。






また電荷をもつものが回転していれば円電流が生じ、それに比例する磁気モーメントが予想できる。


この磁気モーメントの、ボーア磁子e /2mc

e は電子の電荷、m は同じく質量、c は光速度)を単位にして測った値をμとして、

このμとを単位として測った角運動量との比をg因子とよぶ。


このg因子を2とすると、トーマスの効果も考慮して、原子のエネルギー準位の微細構造、

さらにまたパウリの原理を加えることによって周期律を含めて

原子の諸特徴をみごとに説明できることがみいだされた。


[小川修三・植松恒夫]





2,スピン演算子



量子力学では、物理量は状態関数に対する演算子として表現される。

電子のスピンをどのように表すかという問題もパウリによって解決された。

まず電子の状態を記述する

シュレーディンガーの波動関数ψ(x )を2成分(2行1列の行列)




とすることによって、

この波動関数に演算する次のような演算子S (=sx,sy,sz)、





を導入することができる。

この演算子は、電子が原子の周りを回転することによる


軌道角運動量L(=Lx,Ly,Lz)と同じ代数的性質を備えており、角運動量としての資格をもっている。

しかし普通の軌道角運動量の値がを単位にして整数値であるのに対し、

スピンは半整数の値をもつこと、

またg因子が軌道運動による部分については1であるのに対し、

スピンについては2であるなど、


単純な自転描像では、


かならずしも簡単に理解ができるとは限らない面がある


これらの問題は、

ディラックの相対論的電子論の提唱をまって

解明されることになった。



 一般にスピンの値がを単位にして整数値をとる粒子をボソン

半整数値をとる粒子をフェルミオンという

前者はボース‐アインシュタイン統計、後者はフェルミ‐ディラック統計に従う。


光子、グルーオン、ウィークボソンなどの力を媒介する

ゲージ粒子はスピンが1でボソン物質を構成するクォークやレプトンは

スピンが1/2でフェルミオンである。



フェルミオンは同じ状態には1個の粒子しか存在できないというパウリの原理に従う。

力の統一にはフェルミオンとボソンの間を関連づける超対称性とよばれる


対称性が重要な働きをすると考えられている。


[小川修三・植松恒夫]






3,核スピン



原子核の構成要素の一つである陽子は、電子と同じくスピン1/2をもち

パウリの原理を満たす粒子(フェルミ‐ディラック粒子)であることが、

水素分子の比熱の問題の解明のなかで明らかになった。





もう一つの要素である中性子も、電荷が0という点を除いて陽子と同じ性質をもつ。


陽子・中性子を構成要素とする原子核は、

これら粒子のスピン軌道運動合成による核全体の角運動量をもつ。


これを核スピンというが、

同時に構成要素の磁気モーメントの和からなる核磁気モーメントができる。


この核磁気モーメントは、それと軌道電子の磁気モーメントとの相互作用により、

原子のエネルギー準位のずれ、すなわち準位の超微細構造を与える。

この構造から核のスピンを決定できる。




 一方、核子は三つのクォークからなるが、

核子のスピンがその構成要素のクォークやグルーオンにいかに担われているかが、

偏極ビームおよび偏極ターゲットを用いた

核子の深非弾性散乱の実験で研究されている。

これまでのところ、素朴なクォーク模型の予想とは異なっており、

クォークやグルーオンの固有のスピン以外に


軌道角運動量からの寄与も含めて、核子スピンの起源の問題として追究されている。

[小川修三・植松恒夫]



『朝永振一郎著『スピンはめぐる』(1982・中央公論社) ▽亀淵迪・原康夫・小寺武康編、朝永振一郎著『角運動量とスピン』(1989・みすず書房) ▽久保謙一・鹿取謙二著『スピンと偏極』(1994・培風館) ▽宮下精二著『岩波講座 物理の世界 物質科学の展開7 量子スピン系――不確定性原理と秩序』(2006・岩波書店)』




コメント

このブログの人気の投稿

重いものと軽いものを地面に落としたら?

重いものと軽いものを地面に落としたら どっちが早く落ちるの? 結論からいうと、どちらも変わりません 。 (*しかし、空気がある世界では、より軽く、よりやわらかく、 表面積が大きいものが 遅く落下します。 紙切れがゆっくり落ちていくのがそれです。) 物理学の世界では、 物体を自然と落とすことを 自由落下 といいます。 では、なぜ重いものと軽いものが 同時に落ちるのか、思考実験といわれる 頭の中で実験をして確かめましょう。 空気抵抗が無いもの、つまり 真空中 と 仮定して話をすすめます。 【真空中…空気が全くない状態。】 1gのものと、1gのものを同時に落としたら、 同じ速度で落下することは納得できますよね。 では、1gのものと2gのものは? と考えてみましょう。 2gのものは1gのものを1+1=2個くっつけただけであり, それ以上のものではありません。 くっついたというだけのことで落下速度が速くなるのであれば、 分割すれば遅くなる ということが推論できますよね。 じゃぁドンドンと分割していくと、 そのうち落下しないで 空中に止まったままになるの? とまぁ、こんな感じの思考実験をすることで ある程度納得できるのではないかと思いますが、 いかがでしょうか? では、実際に理論的に説明していきます。 重い物に働く重力の方が軽い物に働く重力より大きい。 重力 (mg) =質量 (m) ×比例係数 (g) … ① これは良くご存じの様です。 比例定数は重力加速度=gと呼ばれ、 厳密には  g= 9.80665[m/s² ]  と定義されています。 同じ力を加えても 重い物の方 が 軽い物より 動かしにくい 。 加速度 ( a :   m /s 2 ) =加える力 ( F: N) /質量 ( m: kg)    … ②  ②…これを運動方程式という 【*物理学で力は記号でFを表す。単位はN。】 これも経験があるのではないでしょうか。 次のような経験を思い出しませんか。 ・同じ重さなら加える力が大きいほど良く加速する。 ・同じ力なら軽い物ほど良く加速する

儀礼的無関心

1,電車での出来事 電車のなかでは, ふつうであれば夫婦や親子など 親密な関係にある人間しか 入ることを許されない密接距離や、 友人同士で用いられる個体距離のなかに 見知らぬ他人が入りこんでくるということから、 別の規則が派生してくる。 私たちはたまたま電車で隣り合って座った人と 挨拶を交わたりしないし, ふつうは話しかけることもない。   私たちはあたかも 自分の 密接距離 や 個体距離 のなかに 人がいることに   気がつかないかのように、 それぞれ新聞や雑誌を読んだり、 ヘッドホンをつけ 音楽を聴いたり、携帯電話をチェックしたり、 ゲームをしたり,あるいは 目をつむって考えごとをしたりしている。 それはあたかも, 物理的に失われた距離を心理的距離によって 埋め合わせているかのようである。 アメリカの社会学者 E. ゴフマン( 1922 ~ 82 )は, 公共空間のなかで人びとが示す このような態度を儀礼的無関心と呼んだ。 2、具体的に儀礼的無関心とは どのような状態で 行われるのか? 「そこで行なわれることは, 相手をちらっと見ることは見るが, その時の表情は相手の存在を認識したことを 表わす程度にとどめるのが普通である。 そして、次の瞬間すぐに視線をそらし, 相手に対して特別の好奇心や 特別の意図がないことを示す。」 電車のなかで他の乗客にあからさまな 好奇心を向けることが 不適切とされるのはそのためである。 たとえば, 電車のなかで他の乗客をじろじろ眺めたり, 隣の人が読んでいる本を のぞきこんだりすることは不適切と感じられる。 例外は子どもである。 子どもは他の乗客を指差して 「あのおじさん変なマスクをしてる」 と言っても大目にみられるし, 逆に子どもに対してはじっと見つめることも, 話しかけることも

地中海式農業

1,地中海式農業 地中海性気候 、すなわち冬季は温暖・湿潤、 夏季は高温・乾燥の気候地域にみられる農業様式。 商品作物としての耐乾性樹木作物と自給作物としての 小麦栽培 に、 ヒツジ、ヤギの飼養を取り入れた 有畜農業 である。 とくに耐乾性作物であるオリーブ、イチジク、ブドウ、柑橘 類、 コルクガシなどの栽培は有名で、なかでもオリーブは標式的な樹木といわれている。 伝統的な 地中海式農業 は、 小麦 ・ オリーブ ・ ブドウ の三大作物の栽培とヒツジの移牧を特徴とする。 しかし、 灌漑 農業 の普及や農業改善事業の進展などで、 オレンジ、レモン、野菜・花卉 類などのより商品性の高い作物の栽培が 盛んになる一方、 移牧 は衰退しつつある。 地中海式農業が典型的に発達する地中海沿岸地方では、 山地斜面まで石材などを利用した 階段状耕地 が造成され、 独特な景観をなしている(イタリアのアマルフィやチンクエ・テッレなど)。 イタリア半島 南部やイベリア半島では大土地所有制度が残存し、 多くの零細農からなる農村では、 伝統的な農法による生産性の低い農業が営まれている。 地中海式農業地域としては、 このほか近代的な灌漑施設を整えたアメリカのカリフォルニア地方をはじめ、 チリ中部、アフリカ南西部、オーストラリア南部などがある。 [新井鎮久・井村博宣] リンク リンク