過去の記事を検索

TRANSLATE

ゼータ関数








1,ゼータ関数とは





ζ()=1+1/2+1/3+…+1/ns+… は,>1 のときに収束するが,

ゲオルク・フリードリヒ・ベルンハルト・リーマン

これを,複素数の場合に拡張して考察したので,

これをリーマンゼータ関数(またはジータ関数)という。






リーマンは ζ()(s=σ+ti )の実数でない零点は,

すべて σ=1/2 という直線上にあると予想した。


これはリーマンの仮説と呼ばれている。







0 件のコメント:

コメントを投稿