過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第1章その11



その10←ここをクリック





5限目にもなると、さすがにこの状況にも慣れ始めてきていた。

たまに横を見ることはあっても、

教壇に立つ教師の話を聞き取れるほど前に集中できた。

ちなみに今は世界史の授業だ。

担当の横山先生は、人類の祖を神々しくかつ敬うように僕らに語りかけている。

要約すると、猿人が原人になっただけなのだが、

先生は授業が開始されてから30分、どこでなにがなぜこのようなことが起きたのか、

言葉と黒板の文字だけではなく、

それこそここで踊り出すんじゃないかというくらい動いて、

体でも表現しようとしていた。

初めはクスクスいやらしく笑っていたクラスメイトも、真剣な顔で先生の話を聞いている。


横を見ると、相変わらず右隣の彼女は

教科書も開かずに受けている。

しかし、さっきまでとは違い、その綺麗な机には白いB5のノートが広げられていた。


なぜ彼女がこの授業からノートを開くようになったのか、

これにはわけがある。


先ほどの3限の時間だ。

続き←ここをクリック

0 件のコメント:

コメントを投稿