過去の記事を検索

TRANSLATE

Jカーブ効果









1,Jカーブ効果とは 


変動相場制下で、為替(かわせ)相場の変化が

貿易収支の不均衡を短期的にさらに拡大させることによって

為替相場のオーバーシュートを引き起こす効果をいう。


為替相場の変化は一般に輸出入価格を変化させて

輸出入数量の変化を誘い、

貿易収支を均衡させる働きをもつとされるが、

すぐにはそのような効果は現れない。

例として国際収支が赤字で円安となるケースを取り上げてみよう

まず輸出面では、外貨建て価格が下がるが、

数量が増えるまでには時間がかかるので、

それまでは外貨表示の輸出金額は減少する。

輸入面でも、円建て価格が上がっても数量は


すぐには減らないので、外貨表示の輸入金額はあまり減少しない。



こうして貿易収支

短期的にはかえって悪化し、円相場をさらに下落させる。

しかし、時間がたてば輸出数量の増加とともに輸出金額は増加に転じ、

輸入も数量の減少によって減り始める。

その結果、貿易収支は徐々に均衡に向かい、やがて黒字化する。

為替相場はそれを反映して円安から円高へ反転する。

このような動きがJ字型を呈するところからJカーブ効果とよばれる。


Jカーブ効果は1967年のポンド切下げのときの説明に使われたのが最初であり、

1977~78年(昭和52~53)に連続的に起こった

激しい円高の説明にも使われている。



[土屋六郎]















2,お酒のJカーブ効果とは









  • 1981年にイギリスのマーモット博士らが、

  • 飲酒量死亡率との関係についての調査結果を発表した。

  • グラフにするとこのようなJ字型曲線となる。

  • 一日にビールに換算して、

  • 350ml缶で2、3本程度のお酒を飲む人が、

  • 最も心臓血管疾患のリスクが低いという結果が出た。











0 件のコメント:

コメントを投稿