過去の記事を検索

TRANSLATE

アール・エフ・エム分析【RFM】






1,RFM分析とは







データベースを使ったターゲット・マーケティング*で、

顧客の過去の購買履歴を分析する手法


*ニーズが多様化した市場に対応していくためのマーケティングの手法。

 市場の多様なニーズに対応するために、市場全体を細かく区分し、


その中の1つないしいくつかにターゲットを絞り、


自社の製品をその標的市場の特有のニーズに適合するように位置づけていく。




RはRecencyでもっとも最近購入された年月日であり、


FはFrequencyで過去1年などの一定期間に

何回購入されたかの購入回数

MはMonetaryで一定期間での購買金額を意味する。


それぞれに企業独自に設定されたウェイトをつけ、

その合計の評価点で、ダイレクトメールを送ったり、

カタログを送ったりするときの顧客絞込み判断材料とする。

RFM評価方式を利用することによってリスポンス率を高めようとするモデル。


販売商品をカテゴリーに分け、

カテゴリーでのRFMを分析する手法もとられている。

RFMセルコード分析はRFMそれぞれを基準によってランク化し、

顧客をグループ化するモデルである。



0 件のコメント:

コメントを投稿