過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第2章その5










 .......あれ、いない。

いやそんなはずはない。

僕は視たんだ。

目の前にいた少女が僕の数メートル先で飛び降りたことを。





この世界からダイブしたことを。

かし何度見直しても、平木の死体はなかったし、。

一滴の血の痕跡も見当たらない。



 移動したのか?


 彼女は死んだのか?


 それともこれは夢なのか?


いや僕の意識ははっきりあるし、ほっぺをつねってもとても痛かった。


だとしたら、

「大丈夫。

私が飛び降りた後、

もし私の死体が見つからなかったらあなたも飛び降りて。」



この言葉は遺言でなく、彼女の真意だったのか。

ダメだ。

ここから飛び降りるなんて出来るわけがない。

あんな約束果たせるわけがない。


僕は急いで扉の方に向かい、さっきとは違い豪快に扉を開け、

机と椅子を掻き分け、階段を降りている。

怖い、怖すぎる。

しかし4階の辺りで震えていた足が止まった。

......................................................................................
.........................くそっ。




僕は足を戻した。

逃げ出したかった場所から息を切らして向かった。


屋上に着いた僕は柵をよじ登り、

真下にグラウンドが見える位置まで来た。

野球部、サッカー部、陸上部の連中が声を出して練習に励んでいる。

誰でもいい。

ここで誰か僕に気づいてくれたら、きっと飛び降りることなんてなかったろうに。

そしたら、明日から僕は自殺未遂の疑いで異質の存在として

取り扱われるんだろうなぁ。


風の音がうるさい。

しかし心臓の鼓動がそれを遥かに勝ってうるさい。

気が動転して吐き気がする。

なぜここまでするのか?

美少女に頼まれたから?

それとも借りを返すため?

それとも約束を果たすため?

それともプライドのため?

それともくだらない毎日から抜け出すため?

分からない。

たぶん全てが混ざってごっちゃになっている。

 いや彼女はきっかけに過ぎない。

ただ何か特別なことが待っているようなそんな気がした

そして、この世界からダイブした。

その瞬間、風を切る音が僕の鼓動をかき消した。
















あ、死んだ。

続き←ここをクリック

0 件のコメント:

コメントを投稿