過去の記事を検索

TRANSLATE

ローレンツ変換







1,ローレンツ変換とは



A.アインシュタイン

特殊相対性理論における2つの慣性系間の座標変換


力が働かない物体が等速度運動するようにみえる*座標系慣性系と呼ぶ。

座標系…座標を定めるシステム。座標の種類・原点・座標軸などを総称する。


直交座標系・極座標系などがある。】


物理に関連本を購入するならAMAZON!!


わかりやすく言うのなら、電車がいい例である。

例えば電車の外側から見れば、電車の中にあるものは電車と一緒に動いているので

電車の中のあらゆる物体は静止して見える(等速度)


1つの慣性系 Sに対して等速度運動している座標系 S′も慣性系である。

慣性系 Sおよび S′の空間座標 xyz,および x',y',z' の座標軸が

それぞれ平行で,S′は Sの x軸の正の方向に速度 vで運動しているとし,

時刻 tt'=0 で両座標系の原点が一致していたとすると,

ローレンツ変換は,次の式で与えられる。 


                 


なお,cは真空中の光速度を表わすものとする。







0 件のコメント:

コメントを投稿