過去の記事を検索

TRANSLATE

粘性率


↑油は水の約80倍の粘性係数である





1,粘性率とは



流体の粘性の大小を表す数

流体の流れの方向にx軸をとり,

それに直角なy方向の単位長さあたりの速度uの変化

(速度の勾配)をΔu/Δyとすると,

yに垂直な面を通して両側の速度差を減らそうとする

方向に働く接線応力FηΔu/Δyで表される。






ここで比例定数ηは流体の物質によってきまる定数で,

粘性率または粘度という。

単位は,国際単位系では

ニュートン・秒/平方メートル(Ns/m2),CGS単位系ではポアズ(P)。


液体の粘性率は温度が上がれば減少し,圧力とともに増加する。

気体の粘性率は液体より小さく,温度とともに増加し,

圧力によってほとんど変化しない。














0 件のコメント:

コメントを投稿