過去の記事を検索

TRANSLATE

DLVOの理論








1,DLVOの理論とは





二つの界面*が近づくときの,


*…気体と液体、液体と液体、液体と固体、固体と固体、固体と気体のように、

二つの相が互いに接触している境界面】


電気二重層間の相互作用に基づいた

疎水コロイド溶液の安定性に関する理論。

これはデリャーギンとランダウ(1941)と

フェルヴァイとオーヴァベック(1948)が

それぞれ独立に導いたので四人の名前で呼ばれている。



電解質水溶液中で,正または負に帯電している界面に対して,

反対符号のイオンはこれと中和するように分布すると考えると,

その濃度に基づく電位 φ は界面からの距離 d に関して

指数関数的に減少する。

すなわち

φ=φ0 exp(-κd 

となる。

φ0 は界面に固定されるイオン層の電位で,

κ は定数であるが電気二重層の厚さを表現する基準となる値で

である。

ここで,z はイオン価,e は電気素量,

n はイオンの濃度(イオンの数/cm3),

ε は溶液の誘電率,

k ボルツマン定数*

T は絶対温度である。




共存イオンの影響で,電気二重層の厚さが変化すると考えると,

この式からシュルツェ‐ハーディの法則*

たくみに説明可能である.



0 件のコメント:

コメントを投稿