過去の記事を検索

TRANSLATE

緯度



1.緯度とは






地球にほぼ一致したなめらかな回転楕円体赤道面 

(楕円体の中心を通って短軸に垂直な平面) と極との間の位置を表わすもの。

天文緯度,地理緯度,地心緯度の3種類がある。


天文緯度は,ある地点の地平面 (鉛直線に垂直な平面) と

回転楕円体の回転軸との交わる角。

地理緯度は,ある地点で回転楕円体に立てた垂直線が赤道面と交わる角。

地心緯度は,ある地点と回転楕円体の中心を結ぶ線と赤道面との交わる角。

天文緯度と地理緯度の差は小さく,最大で 20″~30″程度。

天文緯度と地心緯度との差は大きく,最大 11′程度。

天文緯度は直接観測から求められるが,地球(回転楕円体) の回転軸の移動や,

鉛直線の変動に伴って,緯度も変化する。

地図をつくる場合は,このような緯度は不便なので地理緯度を利用する。












0 件のコメント:

コメントを投稿