過去の記事を検索

TRANSLATE

アナキズム



1,アナキズムとは




一切の権威,特に国家の権威を否定して,諸個人の自由を重視し,

その自由な諸個人の合意のみを

基礎にする社会を目指そうとする政治思想。

無政府主義と訳されることが多い。


古代ギリシアにも萌芽的なものがみられるが,


近代政治思想としては,

フランス革命後の1793年にイギリスのウィリアム・ゴドウィン

著した『政治的正義の研究』が著名である。 




19世紀半ば以降,アナキズムはさまざまな潮流に分岐した。


個人の至高性を主張し,自我を抑圧するものとしての宗教や道徳,

国家の廃棄を説く個人主義的なもの (→シュティルナー )

サンディカリズムの影響を受け,生産労働者と小農民,

手工業者の相互主義的協働による

政府なき社会を構想するもの (→プルードン )

ある程度の私有を認めつつも,組織労働者による土地,

資本の集産制と直接的実力行使を主張する

集産主義的なもの (→バクーニン )

私的所有を批判し,農村共同体を基礎にした,

個人の自発性と相互扶助に支えられた共同所有を主張する

共産主義的なもの (→クロポトキン ) がそれである。




日本においては,明治末期に

幸徳秋水アナルコ・サンディカリズムを唱え,

大杉栄や石川三四郎に影響を与えたが,

大きな政治勢力にはなりえなかった。

自律的な個人の連合を主張するアナキズムの思想は

管理社会化が進展する今日的状況において,

支配なきユートピアへの願望の表現であるともいえるが,

れを実現する現実的基盤を欠くことが多い。




3 件のコメント:

  1. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除
    返信
    1. 僕のサイトを閲覧してくださり、誠にありがとうございます。

      削除
    2. すみません。間違えて削除してしまいました。

      削除