過去の記事を検索

TRANSLATE

酪農








1,酪農とは


乳牛を飼育して牛乳および乳製品の生産を行う農業経営。

近代的酪農は,早くから有畜の輪栽式農法を行い,

畜産物を日常の食品としていたヨーロッパ農業革命後に発展した。

日本では明治に乳牛が欧米から導入され,

牛乳と乳製品の生産が開始されたが,

当初は農業経営とは無縁の専業的なものであった。

第1次大戦前後から政府の保護育成政策と農村の不況,

北日本の凶作などの対策として有畜農業が普及し,

農民による酪農業も発展した。


第2次大戦で一時衰退した酪農は戦後,牛乳・乳製品の需要増大と

酪農振興法の制定などの振興政策により急速に進展した。


一般に乳牛は冷涼な気候を好み,また多量の飼料を必要とするため

高冷地での粗飼料を主体とした飼養方式が多く行われている。

一方で牛乳運搬の便利さなどにより都市近郊にも多く,





この場合は舎飼で濃厚飼料が主体となる。

1960年代に専業化が進み,

飼育戸数の減少と多頭化・合理化がみられたが,

1970年代には過剰化による生産抑制,

1980年代以後は貿易自由化に直面,酪農と肥育の兼営も増加している。










0 件のコメント:

コメントを投稿