過去の記事を検索

TRANSLATE

風が吹けば桶屋が儲かる




1,風が吹けば桶屋が儲かるとは








ある事象の発生により、一見すると全く関係がないと思われる

場所・物事に影響が及ぶことのたとえである

また現代では、

その論証に用いられる例が現実的ではないため、

可能性の低い因果関係を無理矢理つなげてできた

こじつけの理論・言いぐさ」を指すことがある。





江戸時代浮世草子世間学者気質(かたぎ)』


巻三(無跡散人著、明和5年、1768年)が初出である。


ただしここでは、「」のかわりに「」であり、


「風が吹けば箱屋が儲かる」などの


成句の形では書かれていない。


また、『東海道中膝栗毛』二編下(享和3年、1803年)に


現れるのも有名で、ここでも「箱」になっている。



が吹く」と土ぼこりがたって目に入り「盲人」が増える。  


盲人」は三味線で生計を立てようとするから、

三味線の胴を張る「猫の皮」の需要が増える。 
 


」が減ると「ねずみ」が増え、ねずみ」が桶をかじるから

桶屋が儲かって喜ぶということ。 




経済活動、特に財・サービスの生産においても


風が吹く」と「桶屋」が儲かることがある。




上の図で挙げた


経済波及効果とは、



ある産業で生産量が増えると(=風が吹くと)、

その産業が用いる原材料やエネルギー、部品の生産が増加、

さらにそれらを生産するために用いる

他の財・サービスの生産も活発化桶屋が儲かる)していく効果をいう。














0 件のコメント:

コメントを投稿