過去の記事を検索

TRANSLATE

プランクトン







1,プランクトンとは





浮遊生物ともいう。


水中に浮遊して生活する微小な生物の総称。

ベントス (底生生物) やネクトンとともに水生生物の生態群を区別する語。

個々の生物はむしろ受動的に水中に浮遊し,

自力で積極的に遊泳することは少ない。

したがって遊泳のための器官は,単細胞のものなら鞭毛,

多細胞のものでも簡単な脚などをもつにとどまるか,

またはこれを欠いている。


生物の本を購入するならAMAZON!!


ケイ藻類,デスミッドなどのような緑藻類

および青粉などのような藍藻類は植物性プランクトンと呼ばれ,

原生動物をはじめとして,ミジンコなどのような甲殻類

クラゲ類,各種動物の幼生などは動物性プランクトンと呼ばれる。




プランクトンは,大型水中生物の基礎餌料となり,重要なものである。 

1970年代になって,工場排水や生活排水による湖沼,

沿海の富栄養化によって特定のプランクトンが異常増殖し,

これが2次的な水質汚濁の原因となっている。




海の赤潮は植物性のものも動物性のものもあるが,

魚介類を大量に殺す場合があり,

またこの大量の死骸が沈殿すると,へどろとなって海底に積って分解し,

やがて無酸素化して嫌気性の分解を行い,

海底を無生物状態にすることがある。

湖沼ではミクロキスチスなどの青粉が水面を埋めつくし,

この死骸が水底で硫化水素などを発生させて魚介類を死滅させる。


0 件のコメント:

コメントを投稿