過去の記事を検索

TRANSLATE

スピアマン

スピアマンの2因子説
知能は、全ての因子に共通する
一般因子」と個々の能力である
特殊因子」の因子で構成されているという考え方。






1,スピアマンとは


イギリスの心理学者。長い軍人生活ののち34歳で心理学に転じ,

ブント,キュルペらの下で実験心理学を学び,

のちにロンドン大学の心理学の教授になった。

順位相関係数,〈スピアマン=ブラウンの公式〉などで知られ,


とくに知能の理論的・数学的研究に取り組んだ。






知能の2因子説を唱え,

知能には一般因子特殊因子があるとしたことは有名であり,

のちの因子分析の原型となった。

【児玉 憲典】






0 件のコメント:

コメントを投稿