過去の記事を検索

TRANSLATE









1,卵とは






生物学の用語としては「らん」とも呼び,


本来は生殖細胞である卵細胞のことをいうが,



一般には体外に産み出されたものをいい,

特に動物の卵で,に囲まれた大型のものを「たまご」と呼ぶ。

卵巣内の卵母細胞減数分裂によって生じ,形は一般に球形

卵形など種々ある。


発生に必要な卵黄をたくわえ,卵黄の量と分布によって,

等黄卵端黄卵中黄卵などに分ける。


また一般に*極性があり,将来の分化とかかわりをもつ。


*生物体の細胞・組織が、ある軸に沿って、形態的・生理的な差異を示すこと。

卵は普通にこれを保護するための卵膜で包まれ,

これには,卵自身の卵黄膜のほかに卵胞細胞から分泌された

漿膜輸卵管から分泌された卵白,卵殻膜卵殻などがある。


また植物では,被子植物の胚嚢内の珠孔に面した大きな細胞,


裸子植物,コケ,シダ植物では造卵器内の大きな細胞が卵である。








0 件のコメント:

コメントを投稿