過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第3章その3







その2←ここをクリック


校門を出ると、僕は途方もないほどの自己嫌悪に襲われた。

なぜって?

うぬぼれたんだ。

僕はやっと、どこかの主人公になれたんだと

美少女と出会い、常識では語れない事象が起きて、助けて、そこから二人で抜け出す。

誰もが経験し得ることはないであろうこの状況に屋上からここにくるまでの間、

浮かれてしまっていた。

いや、あの悩み部屋にいた時もそうだ。


不安や恐怖は当然あった。

しかし、それだけじゃなかった気がする。


あの時僕は、子どもが欲しい玩具を自分のお小遣いからではなく

買ってもらったような瞬間と似た高揚感が心の底の方に溜まっていた。

あの時に気づかなかったのは、心が興奮と緊張のせいで熱くなって

それが溶けていたせいだろう。


後から思い返せば、いや今こういう感情だからそう思うだけなのかもしれない。

…とにかく僕は変わったと思ったのだ。

いや、世界が僕の方へ変わりに来てくれたのだ、と。


綺麗で不都合なことはスキップ出来て、

困難や不幸もまるでその後に来る冒険の前置きのような、

全てが都合よく組み合わされた夢のような世界が僕の方へやってきたのだと。

僕だけにしかない経験が出来たのだと。

一五歳の少女が死を選んだというのに僕自身は、

心の見えないほど端っこで何か達成感を得てしまった。

馬鹿だ。でもそんな馬鹿な自分をどこか認めてしまっている。

気づけば、家に帰るための曲がり角をすっ飛ばしていた。


続き←ここをクリック







0 件のコメント:

コメントを投稿