過去の記事を検索

TRANSLATE

塩素





1,塩素とは



元素記号 Cl ,原子番号 17,原子量 35.4527。

天然に存在する安定同位体には塩素 35 (存在比 75.4%) ,37 (24.6%) の2種が存在する。

 1774年 K.シェーレにより発見,1810年 H.デービーにより元素と認められた。

周期表17族に属するハロゲンの1つ。

電子親和力が大きく,1価の陰イオンになりやすい。

海水1ℓ中には約19gの塩化物イオン (食塩として約30g) が含まれている。

工業的にはアルカリ金属塩化物の水溶液あるいは

溶融塩電解によって多量に生産される。

実験室的には,二酸化マンガンに濃塩酸をそそいで簡単に得られる。





単体は二原子分子 Cl2 で常温では黄緑色刺激臭のある気体

有毒。空気中に 4ppm含まれると臭気を感じ,30ppmで激しく咳込む。

34.05℃または 5.7気圧,20℃で液化し,黄緑の液体となる。

化学的には非常に活発で,希ガス炭素以外の全元素と反応する。

水素や金属粉末は塩素中で激しく燃焼し,

特に水素との混合物に点火すると爆発するので,塩素爆鳴気といわれる。

合成ゴム,プラスチック,殺虫剤,炭化水素の塩素化合物のほか

非常に多数の化学薬品類の製造に使われる。

また,酸化剤,漂白剤,飲料水の殺菌剤としても広く利用される。










0 件のコメント:

コメントを投稿