過去の記事を検索

TRANSLATE

寒天







1,寒天とは





テングサやオゴノリなどの海藻から抽出した粘質物を凍結乾燥したもの。

ところてん,みつ豆などとして食用とするほか広く料理,製菓材料,

あるいは緩下剤,オブラート原料など医用,細菌培養基などにも用いられる。

ところてんとしては平安時代から食用に供されていたが,

寒天の製造は江戸時代中期からで,

京都の旅館主によって製造販売されたのが最初であると伝えられる。

初め,おもに京阪地方でつくられていたが,

現在ではその大半が立地条件のよい長野県で生産されている。

成分は大半が炭水化物であるが,食用してもほとんど消化されないことから,

低カロリー食品として関心を集めている。







0 件のコメント:

コメントを投稿