過去の記事を検索

TRANSLATE

両生類







両生類とは





脊椎動物門両生綱に属する動物。

カエル、サンショウウオ(イモリを含む)、アシナシイモリ類が含まれる。

[倉本 満]



1,系統・形態



脊椎動物で最初に陸上生活を始め、爬虫類

さらに鳥類、哺乳へと発展する基礎となった動物群として、

進化史で重要な位置を占める。

両生類は硬骨魚類の総鰭(そうき)類に由来し、

最古の両生類イクチオステガIchthyostega 

古生代デボン紀の地層に発見されている。

総鰭類は筋肉質のじょうぶな対鰭をもち、これが両生類の四肢となった。

また、うきぶくろが肺となり、えらにかわって陸上で空気呼吸を行うようになった。

石炭紀には多様なグループを生じ、なかには全長3メートルを超す大形種もいたが、

中生代になると爬虫類が発展して両生類は衰退した。

現生の両生類は3目約3400種を含み、脊椎動物で最小の綱である。

 現生の両生類は比較的小形で、


体表は分泌腺に富む皮膚に覆われ、鱗や毛はない。

頭は平たく、魚類より少ない骨で構成される。

椎骨とは2個の後頭突起で接合する。

に新皮質はなく、大脳は小さい。

脳神経は10対で爬虫類の12対より少ない。

耳骨は1個。

二次口蓋(こうがい)はない。

胴部に四肢があるが、有尾類の一部では退化し、無足類では欠如している。

横隔膜はない。

心臓は2心房1心室で、体循環と肺循環の分離は不完全。

赤血球は楕円形で有核である。

肺の構造は簡単で、肺を欠く種もある。

変温性。

[倉本 満]










2,分布・生態



南極大陸と北極圏の大部分を除く全世界に分布する。

移入種を除き、洋島にはいない。

体表が水を透過しやすいため、主として湿った場所で生活し、

地上性、地中性、樹上性、水中性など、さまざまな生活様式がある。

海水にすむ種はいない。

原則として小形動物を食べる。

は小形でゼリー層に包まれ、卵殻はない。

胚膜も形成されない。

一般に水中に産卵し、孵化した胚はえらを備えた幼生となって

水中生活を送り、変態して成体となる。

幼生の形態は多くの点で成体と異なる。

この典型的な生活史のほか、湿った地上や樹上に産卵するものがあり、

体内受精をする種では胚が母体内で発育して幼生

または変態を終了した幼体となって産まれるものもある。

[倉本 満]



『フレーザー著、山極隆訳『両生類の生活』(1976・共立出版) 


▽千石正一編『原色両生・爬虫類』(1979・家の光協会) 

▽中村健児・上野俊一著『原色日本両生爬虫類図鑑』(1963・保育社)』




0 件のコメント:

コメントを投稿