過去の記事を検索

TRANSLATE

スプロール現象





1,スプロール現象とは





急速な都市化とともに拡大する都市地域において、

土地利用が無秩序、無計画に進行し、

まるで虫に食い荒らされたような状況になることをいう。

都市への人口や機能の集中が進行し、とくに過密化してくると、

それとは裏腹に、それらの都市周辺(近郊農村)への分散が促進され、

激化するが、この傾向は都市周辺における急激に進む団地・住宅の乱立、

工場・住宅の混合、サービス施設の進出などに現れてくる。

こうした土地利用に対する統制や規制は後手に回ることが多く、

したがって、道路や交通機関などの生活基盤とか、公共施設を含む

生活環境とかの整備は遅れることにもなりやすい。

また、地震や水害などの自然的災害に対処する対策も

後回しにされることが多い。

スプロール現象の対策としては,的確な都市計画による

人口の分散,産業の過疎地移転などが考えられている。


東京は江戸時代から伸展の傾向を示し,この現象が顕著となったのは,

1960年代の高度成長期における急激な発展である。

その結果,大都市周辺の住宅や工場が無計画なままに建設され,

近郊農地,山林侵食に伴う土地利用の混乱,地価の高騰,

交通の渋滞,環境の悪化などの諸問題が山積した。

外国でもこの問題は特定の大都市にみられ,ロンドン,ニューヨーク

ロサンゼルス,ホンコンなどは顕著である。




[高橋勇悦]


『山崎不二夫・森滝健一郎他編


『現代日本の都市スプロール問題』上下(1978・大月書店)』











0 件のコメント:

コメントを投稿