過去の記事を検索

TRANSLATE

ユング






1,ユングとは





本名:カール・グスタフ・ユング(C.G.ユング)。スイスの精神科医。


7月26日、ボーデン湖畔のケスビルに生まれる。父はプロテスタントの牧師。


4歳のときバーゼルに移住、そこで初等教育を受ける。


1895年にバーゼル大学に入学。古典や考古学を専攻するつもりであったが、


医学で学位をとり、1900年卒業と同時にチューリヒ大学に


職を得てブルクヘルツリ精神科病院の助手になる。

院長のブロイラーに認められ、その協力者となる。


1902年フランスでジャネの下で研究。


1905年チューリヒ大学の私講師となる。


そのころからフロイトの著作に触れ、

相互に文通を始め、1907年フロイトとウィーンで初めて会い、

チューリヒにフロイト研究所を設立、




1910年国際精神分析協会が創設されるに及んで初代会長となる。

1913年、リビドー理論についての意見の違いからフロイトとの文通が絶える。

1914年協会を脱退し、独自の「分析心理学」の一派を創設。

また、大学を辞職し開業する。

1920年以降は北アフリカ、アリゾナ、ニュー・メキシコ、

東アフリカなどに原始文化の研究旅行を続ける。

神話、宗教、錬金術、オカルティズムなどに興味をもつ。

1944年バーゼル大学にユングのための

医学的心理学の講座が設けられるが、健康を理由にして1年で辞職。

1948年チューリヒにユング研究所を設立する。

1961年6月6日、キュスナハトで急死した。

[外林大作・川幡政道]






『『ユング・コレクション』全14巻(1986~2002・人文書院) 

▽河合隼雄著『ユング心理学入門』(1967/新装版・2010・培風館) 

▽ヤコービ著、高橋義孝監修・池田紘一他訳『ユング心理学』(1973・日本教文社) 

▽フォーダム著、吉元晴彦他訳『ユング心理学入門』(1974・国文社)』












0 件のコメント:

コメントを投稿