スキップしてメイン コンテンツに移動

爬虫類





爬虫類とは



脊椎動物門爬虫綱に属する、角質の体鱗に覆われた変温動物の総称。

この仲間は次のような歴史を有する。

[松井孝爾]



1,系統と進化


爬虫類は古生代末期に両生類から分化し、

乾燥に強い皮膚と発達した四肢を備え、

卵殻をもつ有羊膜卵(発生過程で羊膜を生ずる卵)を陸に産むことで、

陸上に進出した。

やがて、中生代には大発展を遂げて、爬虫類時代とよばれる繁栄を築きあげた。

爬虫類の最初の祖先型は、

ペルム紀(二畳紀)に出現したリムノスケリスなどの杯竜類で、

すでに爬虫類型の骨格を完成しており、その起源は、

両生類爬虫類の両方の特徴をもつシームリア類と考えられている。

ジュラ紀から白亜紀にかけて、大形恐竜類を含む多数の群に分化し、

陸ばかりでなく海、空にまで生活圏を拡張していった。

しかし中生代末期には不明の原因で急に衰微し、

かわって爬虫類から分岐した哺乳鳥類が台頭するようになった。

爬虫類の現生種はカメ、ムカシトカゲ、トカゲ、ヘビ、ワニの総計約6000種で、

南極を除く世界の各地に分布する。

[松井孝爾]







2,形態的特徴


体表は鱗または角質の皮膚に覆われ、分泌腺が乏しくて乾燥している。

体鱗は表皮の表層が角質化したもので、さらに骨質の皮骨を含むものも少なくない。

カメレオンをはじめ樹上性のトカゲ類には、

真皮内の色素胞の収縮・拡張による体色変化を利用した、

効果的な保護色をもつものが多い。

脱皮は、成長に伴って表皮の角質部が脱落するもので、

ヘビでは全身が一度に、トカゲでは部分的に、カメやワニでは徐々に行われる。

骨格は両生類よりもさらに硬骨化し、頭骨はただ1個に減った

後頭顆(後頭部にあるくぼみ)で頸椎と関節するため、頭部はかなり自由に動く。

頭骨の構造、とくに側頭窓(目の後方にある開口部)の数や

位置は分類上重要な要素であり、全体が6ないし7群(亜綱)に分類される。

そのうち現生種が含まれるのは無弓亜綱、有鱗亜綱、鰐形亜綱の3群のみで、

他はすべて絶滅した化石種である。

[松井孝爾]






『小学館の学習百科図鑑36 両生・はちゅう類』(1982・小学館) 

▽『学研の図鑑 爬虫・両生類』(1973・学習研究社) 

▽中村健児・上野俊一著『原色日本両生爬虫類図鑑』(1963・保育社)』

コメント

このブログの人気の投稿

重いものと軽いものを地面に落としたら?

重いものと軽いものを地面に落としたら どっちが早く落ちるのか? 結論からいうと、どちらも変わらない。 (*しかし、空気がある世界では、より軽く、よりやわらかく、 表面積が大きいものが 遅く落下する。 ペラペラの紙切れがゆっくり落ちていくのが最たる例である。) 物理学の世界では、 物体を自然と落とすことを 自由落下 という。 では、なぜ重いものと軽いものが 同時に落ちるのか、思考実験といわれる 頭の中で実験をして確かめてみよう。 空気抵抗が無いもの、つまり 真空中 と 仮定して話を進めてみる。 【真空中…空気が全くない状態。】 1gのものと、1gのものを同時に落としたら、 同じ速度で落下することは納得できると思う。 では、1gのものと2gのものは? と考えてみよう。 2gのものは1gのものを1+1=2個くっつけただけであり、 それ以上のものではない。 くっついたというだけのことで落下速度が速くなるのであれば、 分割すれば遅くなる ということが推論できる。 じゃぁドンドンと分割していくと、 そのうち落下しないで 空中に止まったままになるのか? とまぁこんな感じの思考実験をすることで ある程度納得できるのではないかと思いますが、どうだろうか ? では、実際に理論的に説明していこう。 重い物に働く重力の方が軽い物に働く重力より大きい。 重力 (mg) =質量 (m) ×比例係数 (g) … ① この公式は中学物理で出てくるものである。 比例定数は重力加速度=gと呼ばれ、 厳密には  g= 9.80665[m/s² ]  と定義されている。 同じ力を加えても 重い物 の方 が 軽い物 より 動かしにくい 。 加速度 ( a :   m /s 2 ) =加える力 ( F: N) /質量 ( m: kg)    … ②  ②…これを運動方程式という 【*物理学で力は記号でFを表す。単位はN。】 これも経験があるのではないだろうか。 次のような経験がないだろうか? ・同じ重さなら加える力が大きいほど良く加速する。 ・同じ力なら軽い物ほど良く加速する。 物体に加える力が重力だけの場合は、 ①を②に代入して、 加速度=加

儀礼的無関心

1,電車での出来事 電車の中では、 ふつうであれば夫婦や親子など 親密な関係にある人間しか 入ることを許されない密接距離や、 友人同士で用いられる個体距離のなかに 見知らぬ他人 が入りこんでくるということから、 別の規則が派生してくる。 私たちはたまたま電車で隣り合って座った人と 挨拶を交わたりしないし, ふつうは話しかけることもない。   私たちはあたかも 自分の 密接距離 や 個体距離 のなかに 人がいることに   気がつかないかのように、 それぞれ新聞や雑誌を読んだり、 ヘッドホンをつけ 音楽を聴いたり、携帯電話をチェックしたり、 ゲームをしたり,あるいは 目をつむって考えごとをしたりしている。 それはあたかも 物理的に失われた距離を心理的距離によって 埋め合わせているかのようである。 アメリカの社会学者 E. ゴフマン( 1922 ~ 82 )は, 公共空間のなかで人びとが示す このような態度を 儀礼的無関心 と呼んだ。 2、具体的に儀礼的無関心とは どのような状態で 行われるのか? 「そこで行なわれることは、 相手をちらっと見ることは見るが、 その時の表情は相手の存在を認識したことを 表わす程度にとどめるのが普通である。 そして、次の瞬間すぐに視線をそらし、 相手に対して特別の好奇心や 特別の意図がないことを示す。」 電車のなかで他の乗客にあからさまな 好奇心を向けることが 不適切とされるのはそのためである。 たとえば, 電車のなかで他の乗客をじろじろ眺めたり, 隣の人が読んでいる本を のぞきこんだりすることは不適切と感じられる。 例外は子どもである。 子どもは他の乗客を指差して 「あのおじさん変なマスクをしてる」 と言っても大目にみられるし, 逆に子どもに対してはじっと見つめることも, 話しかけることも許され

DLVOの理論

1,DLVOの理論とは 二つの 界面* が近づくときの、 【 *… 気体と 液体 、液体と液体、液体と 固体 、固体と固体、固体と 気体 のように、 二つの相が互いに接触している境界面】 電気二重層間の相互作用に基づいた 疎水コロイド溶液の安定性に関する理論。 これはデリャーギンと ランダウ (1941)と フェルヴァイとオーヴァベック(1948)が それぞれ独立に導いたので四人の名前で呼ばれている。 電解質水溶液中で、正または負に帯電している界面に対して、 反対符号の イオン はこれと中和するように分布すると考えると、 その濃度に基づく 電位  φ は界面からの距離  d  に関して 指数関数的に減少する。 すなわち φ=φ 0  exp(-κ d  ) となる。 φ 0  は界面に固定されるイオン層の電位で、 κ は定数であるが電気二重層の厚さを表現する基準となる値で である。 ここで, z  はイオン価, e  は電気素量、 n  はイオンの濃度(イオンの数/cm 3 )、 ε は溶液の誘電率、 k  は ボルツマン定数* 、 T  は絶対温度である。 共存イオンの影響で、電気二重層の厚さが変化すると考えると、 この式から シュルツェ‐ハーディの法則* も たくみに説明可能である。 リンク