過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第3章その13






小説を読むならAMAZON!!

その12←ここをクリック



二限、三限、四限が終了し、時間は昼休みへと移行した。

僕はこの時間が苦手だ。

みんなこの時間はうるさいのだ。

騒ぎ声が頭にいやに響く。

小学、中学生の時は、別に気にはならなかった。

きっとあの頃は今ここにいるみんなと

同様に馬鹿みたいに騒いでいたからだろう。


加害者はいくら反省しようと

被害者を理解することなど出来ない。

被害者側に回ってこそ、

本当に気持ちを理解することなど出来ない。


しかし、今はそんな友だちはいない。

初めにも言ったが、僕は右隣の少女に気を取られて、

高校生活のスタートラインから少し出遅れた人間なのだ。

クラスの男子とはまだ知り合い程度でしかなく、

向こうからこちらに来ることはめったにない。

それに、この時間が嫌いな理由は他にもある。

それはみんなで食事することに意味を見いだせないことだ



みんなで一緒に食べることに何の意味があるのか?

しかし誘われれば、断ることができない。

だから僕は普通へと舞い戻っていく。



続き←ここをクリック





0 件のコメント:

コメントを投稿