過去の記事を検索

TRANSLATE

機能主義







⇒建築に関する本を購入するならAMAZON!!

1,機能主義とは






建築設計に当たって機能性を最優先させる立場の総称

その視野は建造物の構造ばかりでなくデザインにも及ぶ。


19世紀末、最初期の摩天楼の設計者として知られる

アメリカの建築家ルイス・サリバンアール・ヌーボー

装飾的な様式から脱したシンプルで無機質な建築を目指して

「形態は機能に従う」と述べたのが起源とされるが

均質なユニバーサル・スペースを説いたミース・ファン・デル・ローエ

住宅を「住むための機械」と位置づけ、「近代建築の五原則」や

ドミノ・システム」を提唱したル・コルビュジエ

無装飾主義を標榜したアドルフ・ロースなど、

主義主張を同じくする立場は


同時代のヨーロッパの建築家のなかにも広く認められ、

この考え方がモダニズム建築の核をなしていたことが分かる。


1930年代初頭、「ボリューム」「規則性」「装飾忌避の原則」の

3本の柱に定式化され、長らくモダニズム建築の規範として君臨した

インターナショナル・スタイルは機能主義の1つの極点を示している。

日本では、「社会を形成する建築は美しいことによってのみ

流布し、機能として根付く」とする


丹下健三の主張が大きな影響力を持っていた。





0 件のコメント:

コメントを投稿