過去の記事を検索

TRANSLATE

海に生くる人々





⇒近代小説を読むならAMAZON!!


1,海に生くる人々とは



葉山嘉樹の長編小説。1926年(大正15)10月改造社刊。

第一次世界大戦期、暴風雪を冒し室蘭(むろらん)港を出た

石炭船万寿丸は、難破船の救助信号を黙殺し、

負傷したボーイ長の手当てをせず横浜に向かう。

こういう非人間的な海上生活のなかで、下級船員たちは階級意識に目覚め、

ストライキを敢行し勝利するが、横浜で迎えていたのは指導者たちの逮捕であった。

作者の下級船員体験や労働運動体験などをもとに獄中で書かれた。

ユーモアを含むリアリズムを基調に、新鮮な表現と文体で海上労働者の生活、

意識とその成長がよくとらえられ、新しい階級的な文学の成功を実作上で実証し、

次の世代の小林多喜二(たきじ)らに深い影響を与えた。







葉山嘉樹とは…福岡県京都郡豊津村生まれ。

1924(大正13)年、最初の小説『牢獄の半日』が「文芸戦線」に掲載。

この短編はさして話題にのぼらなかったが、1925年に『淫売婦』、


1926年に『セメント樽の中の手紙』が、同じく「文芸戦線」に掲載され、

一躍注目されるようになった。


さらに長編『海に生くる人々』を発表。


日本プロレタリア文学の記念碑的な傑作と絶賛された。

[祖父江昭二]


『『葉山嘉樹全集1』(1975・筑摩書房)』

0 件のコメント:

コメントを投稿