過去の記事を検索

TRANSLATE

安定陸塊





⇒地理学に関する本を購入するならAMAZON!!



1,安定陸塊とは


先カンブリア時代など古い地質時代にすでに固化し、

それ以降、褶曲をつくるような造山運動を受けなかった地域をいう。

造山帯に対する語で、安定大陸、クラトン、剛塊などともいう。

このうち、新しい地質時代の被覆層をほとんど欠き、

基盤岩類が直接地表に露出しているものを楯状地といい、

より若い堆積物がほぼ水平にのったものを卓状地という。

世界の大陸の約3分の2の面積を占めており、

各大陸は1ないし3の陸塊を含んでいる。

ロシア、シベリア、シニア、ローレンシア、アフリカ、インド、

オーストラリア、南極などがそれである。






 先カンブリア時代の早期(始生代)には大陸地域全体が

変動状態にあったが、原生代になると安定化して安定陸塊が誕生したという。

始生代の陸塊にはグリーンストーン・花崗岩地域と高変成度地域とがある。

前者は変成した塩基性火山岩とそれを貫く花崗岩で特徴づけられ、

後者は主として石英長石質の片麻岩やミグマタイトからなる。

原生代に入ると、始生代の陸塊を取り巻くように同心円状に

新しい造山帯が次々に形成され、大陸の成長がみられた。


[岩松 暉]

0 件のコメント:

コメントを投稿