過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第3章その15





その14←ここをクリック






新田がホームルームを進めていく。

「こないだの数学Aの宿題で再提出の人がいたらしく、


今から名前を呼ばれた人は前に取りに来てください」

「西山、早く呼べよ」

「あっ、ごめん、ごめん」

西山がいつも通り、天然的な発言をして

新田が冷静にツッコミ、教室は和やかなものとなった。


これを茶番と思う僕は、きっと性格が悪いだろうな。

「え~、伊藤さん、小西くん、田崎くん、中川さん」

小西が悔しそうな顔をしていた。馬鹿なやつだ。

いつも答えをまる写しして、全問正解にしているからこんな目に合う。

「あっ、ごめん。それから、羽塚くん」

嘘だろ?

まさか僕が呼ばれるとは思わなかった。

高みの見物をしていた自分がすごく恥ずかしい。

そのせいか僕は席を立ち、

何も言わず早々と西山がいる教壇に向かった。


笑い声などは聞こえなかった。

しかし、みんなが笑っている気がした

そして僕は西山から自分のノートを受け取った。

内容を確認したかったが、今はそんな気分になれなかった。

西山は目の前にいる僕にしか聞こえない声でごめんね、とささやいた。

彼女が悪いわけではないのに謝るなんて、なんだかずるい気がした

そして僕は自分の座席へと戻った。

「え~、明後日まで先生はいないけど、ホームルームは真面目に聞くように」

「それじゃあ、また明日~」

みんな席を立ち、おのおの帰るために動いている。

今日は最後の最後で恥をかいた。

なんだか嫌になってくる。

僕は教室を早く去るため、帰り支度をしようとした。

「おい、羽塚。ちょっといいか?」


片倉だ。

放課後にわざわざ声をかけてくるなんてめずらしい、

というか今日に限って僕は

「どうしたんだよ」

「そういや、昨日お前が屋上が入れるか聞いてきたよな?」

一瞬心臓が止まった気がした。

「それが…どうしたんだ?」

「いや、昨日屋上に登ったのってお前なのかなぁって思って」

「そんなわけないだろ。もし僕が飛び降りていたら、ここにいるわけがない」

「まぁそうだな。悪い」

そう言うと、片倉はテニスラケットと重そうな鞄を背負って、教室を去っていった。

今日は一体何なんだ?

昨日理不尽にも訪れた異質の場所『悩み部屋』の情報も分からず、

いつも通りの日常を送り、いつも通りの授業を受け、

いつも以上に恥と緊張が混じりあった一日だった。


ダメだ、もう帰ろう。

「羽塚くん」

それは一日ぶりに聞いた声だった

「また明日」

そう言うと彼女は長い黒い髪をなびかせて、颯爽と去って行った。

その言葉は前にも聞いた気がする。しかしあの時とは違う。

僕の体に入っていた力が一気に抜けたような感覚になった。


それは僕がこの平凡で退屈なこの世界を受け入れた

証を手に入れたきっかけなのかもしれない。


次章←ここをクリック





0 件のコメント:

コメントを投稿