過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第4章その2





その1←ここをクリック




「…」

ペンを走らせる音。

「…」

グランドから聞こえてくる、そろわない掛け声。

「…」

誰かの鼻をすする音。


今、この状況をみなさんはお分かりだろうか?

もしいたとしたら、あなたは推理小説の探偵になれるだろう。

今は授業中だ。

えっ、期待はずれって?

仕方がないだろう。僕だって驚いている。

こうして文字に起こして書き示すまではあまり知らなかった。

自分の人生がこれほどつまらないとは。

しかし、これが普通なんだ。


悩み部屋の存在を知ってより一週間、僕の日常で変わったことと言えば、

平木が毎日出席していることと家の鍵を無くしたことくらいだ。

まぁこんなものなんだ、僕の人生なんて。

あんなことがあったというのに、僕はまた授業を受けている


しかし今日の授業はいつものものとは程遠い。

なぜって?肝心の人物がいないからだ。

授業を進めていくうえで無くてはならない存在。

そう、教師がいないのだ。



金曜日の二限は現代社会の山寺先生が担当なのだが、

どうやら電車の影響で遅刻しているらしく、自習になったのだ。

それを聞いた瞬間、教室に歓声が響いた。

初めはクラスメイト同様、僕も心の中でコサックダンスを踊るほど歓喜していた。

しかし問題はその自習の課題だった。


続き←ここをクリック








0 件のコメント:

コメントを投稿