過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第4章その4




その3←ここをクリック





ニュースの世界はいつも実感が湧かない。

誰かが殺されたとか、芸能人が不倫とか、ある国がミサイルを撃ったとか、

子供の頃はそれを見て少し興奮したけど、今はない。

だって世界のどこかで凄いことが起きようと、僕の目で視えるものではないのだから。

そう思えば、正直ニュースなんていらないかもしれない。

見たところで、備えられるわけでもないし。

また頭の中で思考を飛び回してニュースをついて考えていると、

昨日、東京の高校生男子ら計2人が

マンションの屋上から飛び降り、死亡した事件を思い出した。

警察は自殺の可能性が高いとして、詳細を調べているとのことだそうだ。

...よく自殺については議論がとんでいる。

命を粗末にするな、生きることは素晴らしい、

だの一体誰が言ったのか分からない言葉を投げかけて、自殺を止める。

しかし、そんな軽いことを言っていいのだろうか?

もちろん、自殺することが正しいとは思わないけど、

彼らには自ら無くなるほどの事情があり、覚悟があった。

それを一概に否定していいのか?

僕らはいつも決めつけたがる。

鑑賞し、評価し、評論する。

しかし、評価を超えた、善悪を超えた事柄だっていっぱいある。

それを評価してしまえば、きっとその評価に怯えて暮らさねばならなくなる。

皆というものは恐ろしい。

皆が、左に進めば、なぜか左のほうが安心する。

右に立ち入り禁止と書いてあれば、なぜか怖くて、入れなくなる。

その立ち入り禁止は誰が書いたのかも知らないのに。


続き←ここをクリック




0 件のコメント:

コメントを投稿