過去の記事を検索

TRANSLATE

コロイド






⇒科学の本を購入するのならAMAZON!!

1、コロイドとは


ある物質が特定の範囲の大きさ(0.1マイクロメートル程度)の粒子となって

他の物質の中に分散している状態をいう。


 本来は、食塩や砂糖のような結晶性物質と、ゼラチンやデンプン、


タンパク質などのような非結晶性物質を分けるための概念として、

イギリスのグレアムが1861年に提唱したものであり、

前者をクリスタロイド(晶質)、後者をコロイド(膠質)と名づけたのが始まりである。

今日われわれの用いるコロイド関係の用語の多くは、

グレアムによって制定されたものが少なくない。

しかしその後の研究によって、デンプンやタンパク質も結晶することがわかり、

コロイドの性質は、結晶性であるかどうかより、

粒子の大きさなどのほうが大きく影響することがわかってきた。
 


グレアムがこのような分類を行ったのは、水溶液の中における拡散の速度が、

食塩やショ糖、塩酸などの水溶液と、膠やデンプン、タンパク質などの水溶液とでは、

大きな差があることを発見したからである。

この両方を含む水溶液と純水とを、硫酸紙あるいは膀胱(ぼうこう)膜などを隔てて接触させると、

コロイドはこの膜を透過できないが、

クリスタロイドのほうは純水の方向へ移動・拡散していくので分離できる。

これを透析という。

しかし、その後コロイド化学の発展につれて、コロイドの概念は拡張され、

クリスタロイドのほうは影が薄くなってしまった。

 コロイドのなかには、厚さや太さが1~100ナノメートルの膜や


繊維までをも含めて取り扱うことが多い。

これらはそれぞれに、二次元コロイド、一次元コロイドという。

さらに分子自体がナノメートルの桁の大きさのものになると、

このような物質の溶液は、分子溶液であるのにコロイドとしての性質を示すことになる。

つまりコロイド分散系である。

デンプンやタンパク質、高分子物質の溶液はまさにこのような場合であり、

これらを総称して分子コロイドまたは真正コロイドという。


[山崎 昶]




0 件のコメント:

コメントを投稿