過去の記事を検索

TRANSLATE

無知の知








1,無知の知とは



ソクラテス哲学を特徴づける有名な言葉。

哲学者 (愛者) という意味でのギリシア語 philosophosは,


ピタゴラス,ソクラテス的意味では神だけが知者 sophosであるとの立場から,

知者でないがゆえに知sophiaを愛求する有限的存在としての人間の本質規定であった。

したがって philosophiaは,いわゆる賢者や知恵の本性が神と比すれば

無にも等しいものであることを明らかに自覚することに始まる。

本来的な知のイデーのもとにおける自己の無知の自覚が無知の知にほかならず,

ソクラテスの優越は,だれよりも深くこのことにおいてすぐれていたことによる

 (『ソクラテスの弁明』) 。



⇒哲学に関する本を購入するならAMAZON!!
 



しかも無知の知は,消極的側面にとどまらず,

かえって迷妄をはらし実の知への扉を開くのであり,

かかる自覚を自己の本質的契機としてこそ,

「能うかぎり神に似ること」が philosophosの目標として措定されることになる。

それゆえにまた教育者としてのソクラテスは,

人々にこの自覚を与え本来的な知のイデーヘ視座を転換するように努めるのであり,

そのことはプラトンの対話篇に印象的に示されている。








0 件のコメント:

コメントを投稿